VOA村の冒険

漫画、音楽、お絵かき、物理、数学とか

【B4UT Advent Calendar 2017】12/2 Cookie Clicker 入門I 基礎知識編

こんにちは。みしぇるです。 今年もAdvent Calendarの季節になりました。所属サークルのB4UTで今年もAdvent Calendar企画が始まったので、私も記事を書くことにしました。

b4utmzi.wixsite.com

さて、みなさんCookie Clicker」というゲームをご存知ですか?

Cookie Clicker

f:id:michelmodule:20171202005433j:plain

日本で1日だけ爆発的に流行ったので*1、ご存知の方も多いかもしれません。

これは、その名の通り「クリックしてクッキーを焼く」ゲームです。上の画像をご覧ください。左側に大きなクッキーが見えますね。このクッキーをクリックすると(初期状態では)クッキーを1枚焼くことができます。もちろん、2回クリックすると2枚焼くことができます。嬉しいですね。

このゲームの目的について、日本語版wikiのFAQから以下の言葉を引用しておきます。

目的は何?なんのためにクッキーを焼いてるの?――目的はクッキーを焼くことです。より多くのクッキーを焼くためにクッキーを焼いています。

これが狂気でなくて何だろうかと思われるかもしれませんが*2、実際にゲームを始めてみるとその意味が分かることと思います。後に説明するように、ある程度クッキーを焼き続けることで「施設」の購入が可能になり、これによってクッキーが指数的に増加していきます。あっという間に天文学的な数字に到達する爽快感は凄まじいものです。そのうち、際限なく増殖するクッキーを虚心坦懐に見つめているだけで本当にしあわせな気持ちになっていきます。

他にも、何の説明もなしに導入されるCpS(Cookie per Second, 1秒あたりに焼かれるクッキーの枚数)の概念、ユニークなフレーバーテキスト、歳を重ねるごとに生産力を増す老婆などの独特な世界観……。魅力は尽きません。

何はともあれ、まずやってみましょう!面倒な登録は必要ありません。この記事の最初の方で貼ったリンクから行ってみて下さい。一つ注意しておくと、リンク先は英語版です。有志の手により日本語版も存在していますが、「流行った」時代の仕様のままなのでおすすめしません。Cookie Clickerは進化しています。

以下何度も参照することになるので日本語wikiのリンクを貼っておきます。wiki内に書かれている事実を引用する際は[wiki]と書くことにします。

www55.atwiki.jp

最初は何も見ずやったほうが楽しいという人もいると思うので(私もそうです)、そのような人はwikiおよびこの記事のここから先を読み進める前にある程度進めてみて下さい。そうでもないという方は、プレイしながらこの記事を読んでみて下さい。

以下、このゲームの進め方を見ていきます。

はじめにやること

まずは画面左側の大クッキーをクリックしてみましょう。すると実績が解除されるはずです*3。嬉しいですね。ここで、大クッキーの上に表示されている数字が「1 cookie」になっていることに気づくと思います。これはクッキーが1枚焼かれたことを意味します。

更にクッキーを何枚か焼いてみましょう。ある程度クッキーを焼くと、右側の列に「Cursor」が出現するはずです。Cursorという文字の下に書いてある数字は、Cursorを1個購入するのに必要なクッキーの枚数です。早速購入してみましょう。すると大クッキーの近くに1つカーソルが出現します。こいつはプレイヤーがクリックしなくても自動でクッキーを生産してくれる優れものです。ここでクッキー枚数の下に「per second: 0.1」と表示されていることにお気づきでしょう。これは「10秒に1枚クッキーが自動で焼かれる」ことを意味します。

ここで「10秒に1枚って少なくね?」と思ったあなたは優秀です*4。ならば、もっとクッキーをクリックして、カーソルを更に購入すれば良いではありませんか。10秒で2枚焼きたければもう1つカーソルを。いや1秒に1個ならばカーソルを10個……。こうしてクッキーはカーソルのなす円環に囲まれることになります。

カーソルをある程度増やすと、右側の列に「Grandma」が追加されます。コストはクッキー100枚と少しお高く感じるかもしれませんが、Granmaにより得られるCpSは1、1人でCursor 10個分。これは買いでしょう。こうして老婆も増えていくことになります。

ここまででだいたいの仕組みがわかったことと思います。すなわち

  • Cursor, Grandmaなどの「施設」を購入することでクッキー生産量を増やせる
  • 施設の購入にはクッキーが必要である
  • ある程度クッキーを焼くと上位の施設が解禁される。上位の施設はコストも高いが生産量はもっと高い。

施設購入のコツ

施設は1つ購入すると同じ施設をもう1個購入するために必要な金額が1.15倍になります[wiki]。すなわち、施設の購入金額は指数的に増大します。一方、施設のCpSは据え置きなので、同じ施設を購入し続ける限りCpSは線型にしか増えません。このため、ある程度同じ施設を購入すると、費用に対して効果がしょっぱいと感じるようになります。ここで、上位施設のCpSおよびコストの初期値は下位施設のそれより桁が1個多く、上位施設への移行を重ねることでCpSを指数増大させられます。よって、上位施設に手が届きそうになった時点で少し待ってクッキーを貯めて上位施設を購入、その後も上位施設を優先して購入というのが基本方針になるでしょう。

ただし、もちろんそれだけではありません。下位施設を多数揃えることにもメリットはあります。順を追って説明しましょう。

まず、Upgradeについて。これは施設購入ボタンの上らへんに売られているもので、特定の条件を満たすと出現します。これらを購入することで施設を強化したりできます。

各施設の所有数が1,5,25,50,100,150,……でCpSが2倍になるUpgradeが出現します。これを取るために、上位施設を買ったあとでもキリの良い数字まで下位施設を揃えるという手があります。まあ、上位施設のCpSが10倍かそれ以上なのに対して、いくら所有数が多くても2倍だとあまり美味しくなくて、役に立つのはせいぜい25のときくらいまでですが。

実は今の話には例外があります。それはカーソルです。所有数10までは同様にCpS2倍のUpgradeが出ますが、25からはCpSがCursor以外の施設の個数に線型に依存するというUpgradeが出現します。その1次の係数は上位のUpgradeになるたび0.1,0.5,5,50,500,……と増えていきます。たとえば所有数100で登場するBillion fingersを購入すると、Cursor以外の施設を1つ購入するとCursorのCpSが5増えるという意味不明な状況になります。この「5」が「500」「5000」に置き換わったら更にヤバいことは言うまでもないでしょう*5。このUpgradeは後述するAscendの際にも非常に重要となるので、積極的に出現させて買うべきです。

更に各施設およびGrandmaを15所有すると、その施設に対応するGrandmaがUpgradeとして登場します。このUpgradeの効果はGrandmaのCpS2倍および対応する施設のCpSがGrandmaの所有数に対し線型に増加というものです。これによりGrandmaを増やすことで他の上位施設のCpSを底上げできます。Grandma自体も後述するババアポなどでCpSがかなり上がるので、増やしておいて損はありません。

以上をまとめます。

  • 基本的にクッキーを貯めて上位施設を狙うべき。
  • 15,25,50,……などキリの良い数まで所有することでUpgradeを開放できる。
  • Upgradeの関係によりCursorとGrandmaは特に多く購入したほうが良い。

施設購入以外でのクッキーの増やし方

施設を購入する以外にもクッキーを増やす方法があります。それは主に

  • ゴールデンクッキー(GC)
  • クリック
  • ミルク

の3つでしょう。

まず「ゴールデンクッキー(GC)」について。GCはランダムに画面内にフェードイン/フェードアウトする黄金のクッキーで、クリックするとこれまたランダムな特殊効果が発動します。

f:id:michelmodule:20171202173326j:plain

以下、その効果をまとめます[wiki]。ただし、ここに書いてある効果は初期状態におけるものとします。

  • Frenzy 「77 秒間、CpSを 7 倍にする。」一番良く出る効果の1つ。

  • Lucky! 「クッキーを $ \mathrm{min} \{ 0.15b+13 , 900s+13 \} $ 個獲得。(ただしb: Cookies in bank, s : CpS)」Frenzyと並んで一番良く出る。ここで式を見ると、(上限はあるが)クッキー貯蔵量が多いほどクッキーを沢山もらえることがわかります。このことも、なるべく上位施設に向けてクッキーを貯めたほうが良い理由です。

  • Building special 「30 秒間、CpS が $1+0.1n$ 倍に増加する。(ただしn:対応する施設の所有数)」これは各施設に対応して存在する効果で、たとえばCursorに対してHigh-fiveという効果が存在し、Cursor所持数100のときにHigh-fiveが発動すればCpS+1000%という計算になります。いきなりエグい数字が出てきましたね。そう、実はこれが下位施設を揃えておく主な理由です。下位施設の真の役割はCpSの寄与ではなく、Building SpecialによるCpS爆上げなのです。この効果は対応する施設の所有数10以上で出現し、25%の確率でGC効果の抽選に加わります。こう聞くとあまり出ないように思われるかもしれませんが、結構出ます。

  • Click frenzy 「13 秒間、マウスクリックによるクッキー生産量(CpC)が 777 倍になる。」最強の効果です。抽選に加わる確率は10%と低いですが、出たら一心不乱にクリックしましょう。このとき、あなたは「Cookie Clicker」の意味を理解することでしょう。音ゲーマーの皆さんは縦連力を発揮して下さい*6

  • Cookie chain 「3 秒間隔で次々にゴールデンクッキーが現れ、クリックする毎に一定のクッキーをゲットする。」正直、下のCookie stormの下位互換。いちいちフェードインしてくるので時間がかかるし、手間を掛けても上限がかかってチェインが切れるので渋い。

  • Cookie storm 「7 秒間GC 大量出現、クリック毎にCpS の 60 ~ 420 倍のクッキーを獲得*7。」これもClick frenzyに負けず劣らぬ神効果。この時もCookie Clickerになります。特定のGCを追いかけるのではなく、画面内を滅茶苦茶にクリックしたほうがうまくいく印象。

その他の効果については、序盤では出てきませんが、気になる方は[wiki]を参照。

GC関連のUpgradeも存在し、GCクリック回数を基準に解禁されます。中でも、GCクリック回数77で解禁されるGet lucky(効果: GCの効果時間が2倍)は絶対に取っておきたいところです。

ここで定量的な話をしてみます。GCの出現間隔は初期状態で5~14分ですが、Get lucky以前に待ち時間半減Upgradeが2個あるので、これを取っていれば1.25~3.5分になります。一方、Get luckyによりFrenzyの持続時間は154秒になるので、Frenzyの持続時間よりGCの出現間隔の方が短いことになります。これによりGCの重ねがけが可能になります。たとえばFrenzy中にClick Frenzyが発動するとCpCは7*777倍になります。最強ですね。この効果のお陰で私のクッキー生産量の1割はマウスクリックが占めています。

まとめます。

  • クッキーを貯めておくとLucky!で稼げる
  • Building Specialのために下位施設を揃えよう
  • Click frenzy, Cookie stormは神
  • Get lucky を入手すべし

次に、「クリック」について。上述したようにClick frenzyでクリックが大活躍するので、Upgradeでクリック力を上げましょう。クリック強化関連のUpgradeは「手動クリックによるクッキー生産量」を基準に解禁されます。まあ、これはClick frenzyが出れば普通に達成されます。出現したら買いましょう。

最後に、「ミルク」について。ミルクというのは、大クッキーの下に溜まっている液体で、実績を解除すると増えていきます。ミルクは、猫(Kitten)の購入によりCpS増加に使えます。猫は実績解除数に応じて解禁されます。

f:id:michelmodule:20171202172921j:plain

つまり、実績解除はただの自己満足ではなく、CpS増加に寄与するということになります。この事実も下位施設の購入を後押しします。なぜなら施設の所有数50,100,…などで実績を解除できるからです。猫を購入した時点でCookie dunker(画面を縮小してクッキーをミルクに浸す)などのいつでも取れる実績を解除しておくと良いと思います。実績の一覧は[wiki]。また後のAscendでも大事なので猫は迷わず買いましょう。

まとめ。

  • クリック強化と猫は迷わず購入。
  • 実績を解除してCpSを強化。

プレイスタイル

ある程度プレイすると自分なりのプレイスタイルが分かってくるのではないでしょうか。個人的に、プレイスタイルは

  • 放置
  • 張り付き

に大別されるのではないかなと思います。放置スタイルはその名の通り放置してクッキーを貯めて定期的に施設やUpgradeを購入するスタイルで、単純に楽だと思います。ただ、GCの恩恵を受けにくいです。逆に張り付きはGCを徹底的に拾うことで効率を上げることができます。私は大学にいる時はゲームを開いていないので基本放置ですが、家にいる時は積極的にGCを拾うようにしています。放置派は後述するババアポや天使と悪魔により報われます。

Grandmatriarchs(ババアポ)

※この節はネタバレが嫌な方は見ないほうが良いかもしれません。

実績「Elder」を解禁すると、Bingo centerというUpgradeを購入することができます。これを購入するとGrandmaの生産量が増加し、定期的に新しいUpgradeが解禁されるようになります。しかしUpgrade「One mind」を購入しようとすると警告文が出現、それを無視して購入するとGrandmaの様子がおかしくなっていきます(人によってはホラー注意なので画像は載せません)。これがババアポ(Grandmatriarchs)です。その後もGrandma強化Upgradeを買うたびにGrandmaの状態が変化していきます。

ババアポ中は、Grandmaの状態に応じてGCに赤いクッキーが混じるようになります(最終形態で100%赤クッキー)。赤いクッキーは「Ruin!(クッキーを失う)」や「Clot(CpS減少)」などの負の効果を発動します。ただし、Lucky!やClick frenzyなどの正の効果が現れる場合もあり、特に赤クッキーのみで発動する「Elder Frenzy(6秒間CpS666倍)」は美味いです。なので赤クッキーをクリックするかどうかは好みによると思います。私はあまりクリックしません。

また、ババアポ中は大クッキーの周りに虫(Wrinkler)が出現するようになります。この虫は生産されたクッキーを食べてしまうので、見かけのCpSが減少します。「見かけの」というのは、クリックして虫を殺せばクッキーを回収できるし、CpSを参照する計算は全て元のCpSを用いるからです。更に、この際得られるクッキーは、虫がいない場合の生産量より多く、虫の数が多いほど増幅されます。つまり、ババアポ中は虫を溜めておいて定期的に収穫するのが良いということになります。これを俗に養蚕と言います。[wiki]によれば、虫を最大(10体)まで溜めると正味のCpSは6倍になるようです。

養蚕は放置ゲーに持って来いだということが分かると思います。しかし、序盤の養蚕はあまり美味くないというのが個人的な感想です。まず、私は結構GCを拾いたい方なので、CpS6倍ならFrenzyを定期的に拾ったほうが良いじゃないかと感じます。また、そのCpS6倍に到達する(虫が10体出現する)のに結構時間がかかります。この問題は後の魔法で解決できるので、いずれにせよ序盤でやる必要はあまりないのかなと感じます。

ババアポが最終形態に突入すると、「Elder Pledge」の購入により一時的にGrandmaを平常に戻すことができます。これを宥めと言います。宥めた後に「Elder Covenant」を購入することでババアポから抜け出せます。その後、店に「Switches」という棚が追加され、「Revoke Elder Covenant」が売られます。これを購入することでいつでもババアポを再開できます。

まだまだ続くCookie Clickerの世界

本当は昇天、砂糖、魔法、ドラゴンなどもっと書きたいことがあるのですが、予定より睡眠が長引き時間がなくなってしまったので、続きは次回とします!(すみません)

追記:続き書きました!

michelidea.hatenablog.com

*1:当時は「艦これ」黎明期で、サーバーが不足し多数の提督が鎮守府に着任できず、着任までの待ち時間にやるものとしてこのゲームが発見されたという事情があります。なお、1日で飽きられた模様。あの時代にLegacyがあればもっと長く続いたかもなあ。

*2:私もそう思います。

*3:実績は「Stats」で確認できます。

*4:毒されているとも言う。

*5:それでも、最終的には上位施設の陰に埋もれますが……。

*6:音ゲー要素。ノルマ達成。

*7:正確には、CpSが小さい時は「1~7枚」に置き換わる仕様。